本文へスキップ

リップロテクトは全国の楽器店で販売しています。

お気軽にお問合わせください。TEL.0422-32-7800

〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-10-6-611

リップロテクトについてrippurotekuto


リップロテクトは長時間の練習に向いています。1,2時間練習すると舌唇の裏側が痛くて吹けない、翌日痛くて吹けず練習を休まなくてはいけないなどが解消されます。低音から高温まで音も安定して出しやすくなります。木管楽器(主にサックスやクラリネット)の演奏はより楽になります。







    


    



リップロテクトは1999年より全国の楽器店で販売され、今年で17年目のロングセラー商品です。リップロテクトの素材はポリオレフィン樹脂を使用しております。素材につきましては発売前に安全性を化学物質評価研究機構に検査して頂いて人体にほとんど影響のない素材という証明書も頂いていますので安心出来る商品です。 化学物質評価研究機構


 リップロテクトの特徴

・商品の対象楽器
木管楽器でリードを使った楽器が対象となります。例クラリネット、サックス、オーボエ、ファゴット。金管楽器奏者でも使用している方からのお問合せもあります。

・長時間の練習が出来る優れもの

演奏していると下唇の裏側は下歯の跡が付き、段々痛くて長時間吹くことが出来ませんでした。そこでリップロテクトを使うことで、下唇の裏側はカバーされ、痛みが解消でき、長時間演奏することが可能です。

・自分自身の歯並びに合わせられます
お湯に付けて柔らかくしてから、自分の歯型に合わせることで、自分だけのリップロテクトを作る事ができます。うまく形が出来なかった場合はもう一度お湯に付けると柔らかくなるので、作り直すことも出来ます。

・洗えば何回でも使えます
使い捨てではなく、製品自体が擦り減ったり汚れたりするまでは、繰り返しご利用頂けますので、環境や経済的にも優しい商品です。1日4時間の使用で、奏法にもよりますが半年以上は使えます。

・低音から高音まで吹きやすくなります

リップロテクトで下唇をカバーすることによってアンブシュアが安定し、低音から高音まで安定的に演奏出来ます。またより深みのある音を出すことができ、表現力にも差がつきます。サックスの場合はサブトーンからフラジオまでコントロールでき、リップロテクトなしでは長時間フラジオ演奏は唇の裏側が痛くて吹けない、場合によっては1日回復を待ってから演奏といったこともなくなります。フラジオを多様する上級者やプロのプレーヤーにはオススメです。発明者もサックスやクラリネットを演奏時にはリップロテクトを愛用しています。

・ジャズ・フュージョンサックスプレーヤーにもオススメです。
自分の歯型に合わせて作ることが出来るリップロテクトはそのままの大きさで使うと、やや大きく、厚みも結構あります。始めから薄いものにしてしまうと、好みの厚みを作ることが出来ませんので、お湯につけて柔らかくして調節しながら、歯型を付けてといった方も沢山いらっしゃいます。日本人と外国人の、口と歯の大きさの違いなども考慮して製品として販売しております。今まで大きすぎるや厚すぎるから使用していないユーザーの方は是非、好みの大きさや厚みを作るなど調節を行ってみて下さい。


    


・リップロテクト発明者で開発段階から現在も使用している岸田佳久の演奏を動画で紹介致します。私もジャズ&フュージョンプレーヤーです。


    


    


    


    


    


    


楽器を習いたいけど楽器は持っていないし、いきなり高い楽器は買えないし…
そういった時はまず楽器レンタル&リースがオススメです。これで憧れの楽器がいつでも始められます♪

 管楽器レンタル 弦楽器レンタル